スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告
3月16日

久しぶりにカウンターブッキングでのライブ。カウンターにはロカストが撒き散らかしていったであろう残骸がちらほらと。リハ後空いた時間に街をブラブラ、THE FLAMING STARSのベスト版を廉価で購入、THE FLAMING STARSは高校の時にまさに擦り切れるほど聞いた最高にセクシーでトラッシュなバンド。チープなオルガンの音色と湿った楽器隊のエコー感、そしてトム・ウェイツ/ルー・リード直系のセクシーなボーカル、なんといっても録音がトー・ラグ・スタジオっていうのが素晴らしい。
久々のカウンターでのブッキング・ライブ、対バンもまったく知らない連中、全員がアウェイなこの感じ、結構ゾクゾクするのははたしてMなのかSなのか?適量のアルコールを注入して、いつもどうりライブ終了。最後の最後に自分のカールコードに絡まって身動き取れなくなったときはさすがに自分でも笑いそうになった。何か、懐かしい感覚。

スポンサーサイト

2008-03-16 23:59 | 未分類
<3月15日 | 3月17日>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。