スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- --:-- | スポンサー広告
暗雲スパイラル

ティーンズやカラーミーで使う変則チューニング用に自分で記したコード表を無くした。テクノの人とかで「データが飛んだ」とかよく聞くけど、自分にとってはソレに近い状態でアレがなければ話になんねー!昔、無くしたものを探したいときは無くしたものを褒めてあげると良い、とどこかで聞いたような気がするので実践しよう。いやぁ~実に良いコードだなぁ!気持ちいいったらありゃしない!サイコーの和音だなぁ~!いやぁ早くでてこないかなぁマジでホントもう早くお願いしますマジで。

ダメなときは本当何をやってもダメで、良いリフも浮かばなければ、良い曲も一向に浮かばないもので。それに、こんなに自分ってギター下手だっけ?ってくらい自分に対して猜疑心が生まれてしまって精神状態は螺旋状に悪化していきます。落ちるときは落ちるまで落ちないと復活しない性質なので、自分の中で冷静に客観的に「落ちていく自分」をジーーーっと見つめる他の自分に委ねることにする。
世の中の、少しでも曲を作っている人たちはこういう状況をどう打破しているのだろう。

今日スタジオに行く途中時間があったので立ち寄った本屋で何を探すでもなくボーっと本棚を「あ」から順に見とって、たまたま手にとった北海道出身のフォト・ジャーナリスト・長倉洋海さんの「ぼくが見てきた戦争と平和」という本がとても興味深かった。戦場カメラマンだけあって戦争の話も興味深いけど、それよりも自分が面白いと思ったのは長倉さんが写真を撮り始めたきっかけ、戦場カメラマンになったきっかけとかそういう話。本はちゃんと買いましたよ。

明日はなんか曲できるかな。

スポンサーサイト

2008-07-25 02:59 | 未分類
<THE・CULT | イチゴやパイナップルの形した花火を見て思う>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。